面接では、相手の立場に立って受け答えをすることが最優先になります。

面接試験は試験の中でも最も重要な試験であると心得るべきです。

PAGE

面接は相手の立場に立って行うことが最優先

面接試験は試験の中でも最も重要な試験であると心得るべきです。 面接では、相手の立場に立って受け答えをすることが最優先になります。アルバイトやパートの面接ではそれ程気負うことはないかもしれませんが、就職や転職の面接ともなるとそうはいきません。特にご自身が強く志望している企業ですと、ついつい採用されることを目標にしてしまいがちです。採用されることを目標にしてしまうと、面接の受け答えが噛み合わなくなってしまう恐れがあります。自分を良く見せようと、ご自身を無理矢理アピールしてしまいます。そうなると、面接官は聞きたいことを聞き出せなくなってしまいます。やはり面接の時には、相手の質疑応答に合わせて相手に分かるように受け答えをすることが重要です。

面接官は、相手の会社の面接のプロフェッショナルです。自社に合うかどうかは、質疑応答の自然の流れの中で直ぐに見抜くことができます。それを無理にアピールしようとしても余り意味を持ちません。それよりは、会話の内容が相手にしっかり理解されるよう、質疑応答の受け答えに注力した方が余程良いでしょう。少なくとも面接の受け答え内容が良く分からなくて落とされる、という最悪の事態を防ぐことができます。仮に、面接の場で無理にアピールして面接に受かったとしても双方の為に良くありません。雇う側は自社に合わない人を雇うことになりますし、雇われる側はその会社の風土に合わないため、ご自身の能力を思う存分発揮できるかどうか分かりません。また、その会社で働くことが長く続かないかもしれません。面接は相手の立場に立って行い、その判断は相手の会社の事情を良く分かっている面接官に委ねるのがベストだと言えます。

おすすめ記事

Copyright (C)2019面接試験は試験の中でも最も重要な試験であると心得るべきです。.All rights reserved.