転職活動の中でも一番の山場となるのが面接です。

面接試験は試験の中でも最も重要な試験であると心得るべきです。

PAGE

中途採用に多い二回ある採用面接の内容

面接試験は試験の中でも最も重要な試験であると心得るべきです。 転職活動の中でも一番の山場となるのが面接です。中途採用を行っている企業はほとんどの場合、応募者に対して複数回の面接を実施します。特に多いのは二回の面接の場を持つパターンです。一回目の面接は、主に人事担当者や配属される部署の上司が担当者として面接を行います。そして二回目の面接は、社長や役員などが担当者として面接を行います。一回目の人事担当者などが行う面接では、書類の内容に沿って、応募者の職務経歴や身に付けているスキル、実務経験などをチェックします。その上でそれらを総合的に判断し、自社の雰囲気に合うかどうか、職種に対して適性を備えているかどうかといった現場からの視点に立って評価を行います。

次に二回目の面接では、応募者の人間性や仕事に対する熱意、入社の意思などを確かめるのが目的で行われます。ただし、役員との顔合わせ的な意味合いになるケースもよくあり、採否を大きく左右するようなことはほぼありません。採用を前提として、具体的な労働条件の話やいつから勤務開始できるかといった話の内容から面接が始まる場合もよくあります。ただし、時には社長の鶴の一声で不採用になるケースもあるので、決して油断してはいけません。

おすすめ記事

Copyright (C)2019面接試験は試験の中でも最も重要な試験であると心得るべきです。.All rights reserved.